クレジットカード現金化業者を利用するのと自分で現金化する方法の違い

クレジットカード現金化は、とてもハードルの低い金欠を容易に脱することができる方法で、サラリーマンや主婦も利用しています。

一般的にクレジットカード現金化業者を利用する人と、そうした方法を取らずに自分で現金化する人がいます。どちらが良いのかを考えます。

クレジットカード現金化業者を利用する

クレジットカード現金化のためにその専門の業者を利用するメリットは、早いそして確実であるということです。

スピードは10分未満ということさえあります。確実というのは、業者が提案してくれる商品を購入するので、確実に買取ってもらえるからです。

また専門の業者であるため、カード利用停止などのトラブルがあとで起きないように、万全のサポートや提案があります。

自分で現金化する場合の状況はどうか

自分で現金化する場合、いわゆるネット通販とかオークションで売れそうなもの、ニーズの高いものを自分で選んで購入することになります。

それをサイトやオークションで売る、また急ぎの場合には実店舗のある買取店に持ち込み査定をしてもらい、現金化できます。

ただこの場合には、ネットだとすぐに売れないかもしれないこと、商品が届くまでの時間がかかること、また購入した商品がカード会社から不信に思われ、転売目的に使っているのではないかと怪しまれ、利用を停止されてしまうリスクを負うことになります。すべて自己責任です。

クレジットカード現金化業者を利用した場合の換金率

クレジットカード現金化の業者を利用した場合には、業者の儲けが計算されるため、購入金額やそれに近い金額で買取ってくれるのは期待できません。

換金率は70-90%と言われ、90%を超えることはほとんどありません。スピーディで確実に現金化ができるとはいえ、業者を利用すると、どうしても換金率は下がってしまいます。また手数料をさらに取られるかもしれません。

自分で行う現金化は最大の換金率を引き出せる

一方で、自分で行う方法、つまりクレジットカードで商品を購入して、届いたらそれを売る場合には、新品としてオークションに出品できるので、換金率はかなり高くなる可能性があります。

また実店舗のある買取店に持っていく場合にも、現金化業者よりも高い値で買取ってくれるかもしれず、複数の店舗に無料査定をして比較することで、良い査定額を引き出すことができるかもれません。もちろん手数料もかかりません。

まとめ

クレジットカード現金化は業者を利用するのと利用しないのとでは違いがあります。

どちらも一長一短ありますので、金欠の状況やエマージェンシーなのかどうかなどを考慮して決めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です