クレジットカード現金化を自分で行うと高リスクになる理由とは

クレジットカード現金化業者を使うと信販会社に現金化を行った事実がバレにくいにも関わらず、自分で現金化を行うと確認連絡が入るだけでなくクレジットカードの利用停止が行われてしまいます。

では、なぜクレジットカード現金化を自分で行うと、信販会社から目をつけられてしまうのでしょうか。

クレジットカードは換金目的での利用が禁止されている

日本国内で発行されているクレジットカードの利用規約を確認すると、全てのクレジットカードで換金目的でのクレジットカード利用が禁止されています。

海外発行のクレジットカードには無い利用規約ですが、クレジットカードそのものが会員に対して貸与しているという性質なために利用規約の範囲内で使うしかありません。

信販会社は独自システムによりクレジットカード決済状況を監視している

クレジットカードを発行している信販会社は、独自の監視システムにより全てのクレジットカード決済についてチェックしています。

盗難紛失クレジットカードが不正利用されないようにするためのシステムですが、同時に不自然な使い方をしているクレジットカードを探し出す役割も果たしているわけです。

監視システムにより不自然な動きと検出されると、専門担当者による目視チェックが入るのでベテランの目に入れば、すぐにクレジットカード現金化がバレてしまいます。

高換金率で転売可能な商品は限られている

自分でクレジットカード現金化を行う際には、クレジットカード決済で購入した新幹線回数券やブランド品といった個別の商品を買取店へ持ち込み転売することで現金化します。

信販会社の監視システムに引っ掛かりやすいのは、最初から犯罪を未然に防ぐために特定取引を集中的に監視しているからです。

個人でリスク管理を行うことはノウハウ不足で難しい

高換金率で買取してもらえる商品には限りがあるので、すぐにでも現金が欲しいと考えている人にとって換金率だけで転売商品選びをすることはごく自然です。

このため、換金率が高い商品ばかりを購入して現金化することになり、新幹線回数券を1人で使い切れないほど繰り返し購入するといった不自然な行動は目立つわけです。

また、ブランド品は各販売店へ信販会社から問い合わせすれば購入商品がすぐにバレるので、換金率が高いからといって繰り返し複数個購入すれば現金化の事実が発覚しやすくなります。

目の前の高換金率を我慢してやや低めの換金率となる商品を購入することは、現金が欲しい本人にとって理性的に行えるとは思えない点がリスクを呼び込みます。

まとめ

クレジットカード現金化を個人で行うことは、換金しやすいと事前に判明している商品を購入した履歴からすぐにバレてしまいがちです。

新幹線回数券やブランド品はクレジットカードの不正利用を防止するためにシステムで監視されているという点を忘れてはなりません。

クレジットカード現金化業者を挟むと、独自のノウハウと決済代行会社を利用することで購入商品がバレないからこそ、クレジットカード利用停止リスクを回避できるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です