クレジットカード現金化で可能な調達額とショッピング枠

クレジットカード現金化が急場のピンチをしのぎたいと考えている人は、具体的にどのくらいの現金を調達できるのか、に関心を持っているのではないでしょうか。

十分ではない金額しか調達できないのであれば、一時しのぎにもならず、かえってややこしくなる可能性もあるからです。鍵はクレジットカードのショッピング枠です。

クレジットカード現金化はショッピング枠次第

クレジットカード現金化は、普段使っているクレジットカードにどのくらいのショッピング枠があるのかにかかっています。

最低でも10万円はあるはずですが、20万円とか50万円、100万円やそれ以上のカードもあります。どのくらいのショッピング枠があるかで、現金調達額の上限は決まってきます。

クレジットカード現金化には基本上限はありません

クレジットカード現金化をする場合には、基本上限となる数字が決まっているわけではありません。

それぞれのカード設定、そしてそのショッピング枠をどのくらい使ったのかによります。

50万円の枠があっても、45万円すでに使っているのであれば、残りは5万円しかないので、最高でも5万円以下になるということです。

また仮に100万円以上のショッピング枠があったとしても、100万円を超える商品を購入して業者に買取ってもらうのは、リスクが高いため、だいたいは1万円から100万円以内の間で取引が行われることがほとんどです。

クレジットカード現金化の最低金額取引はどうか

クレジットカード現金化において、最低金額はどのくらいなのでしょうか。

これも明確には打ち出していないところが多いですが、1万円以下では基本難しいです。

数千円くらいを現金化したいと交渉しても断られてしまう可能性が高いです。とはいえ受け入れてくれる場合もあるため、相談してみることはできるでしょう。

クレジットカード現金化利用の前にショッピング枠のチェックと見直しをすべき

それでクレジットカード現金化は、ショッピング枠が大きなポイントです。

利用の前には、あとどのくらいの枠が残っているのかのチェック、そしてクレジットカードを比較的頻繁に利用するのであれば、ショッピング枠の増額を申請することができます。

20万円であれば50万円に、50万円であれば100万円にしてもらうことで、ショッピング枠に余裕を作ることができれば、いざという時の備えになります。

まとめ

クレジットカード現金化は、ショッピング枠が要となります。

自分が持つクレジットカードのその枠の設定の確認、そして必要に応じてその枠を広げていくことで、金欠の時に素早く対処できるように備えることにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です